テニスは様々なテクニックが必要でそれによって勝ち負けまた楽しみ方が左右されます。

テニスと言うスポーツはいくら練習したかで実力が決まるわけではない。また一番強打が出来るものが強いとは限らない。そして道具によってテニスの実力が変わるわけんではない。一番テニスに置いて必要なものは、相手を戦略で攻略し、また一番ミスが少ない物が勝つ 。テニスはどれだけウィナーでポイントを取るだけでなく、どれだけ自らのミスを減らせれるのかが勝負のカギとなる。

スピンショットはテニスに置いて一番安全なショットであり、スピンボールによってボールをコート内に収める事ができ、それによって確率の高いテニスが出来る。スピンボールで試合中の相手とラリーを繋げ、ポイントを取るカギとなるのは我慢強さである。スピンは一つのテクニックでは表す事が出来ず様々なラケット角度によって色んなスピンが生まれる。さらにボールに角度を付けてクロスコートに打ち込む事が出来れば、ポイントを取る確率が高いのだ。クロスコートにボールを打つと言事は打つ範囲と時間を稼ぐ事が出来それによって安全なショットにつながる。

次は科学的な分析されたショットの理論を書いていきます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

Blog posts, 日本語