一番正しいテクニックを考える前に、ストロークとボレーがどのように打たれてるのかを分析しないと行けません。正確さとコントロールをボールに与えるには、これから述べる点を理解しないと行けない。

最初にボールはラケットにできるだけ長時間密着してないと行けない。 フォロースルーをしてる際、ガットはボールのエネルギーをできるだけ吸収している。これによりあとはボールを打ちたい方向を定める。ボールがガットに密着するほどボールの滞空時間が伸び、ボールがコートに入る確率、とコントロールがさらにきく。

この理論はどのショットをしても当てはまる。ボレーをする時、選手はボールの威力をガットで吸収し、それでガットが向いてる方向にボールを飛ばす。ボールとラケットが密着してる時間の事を Dwelling Time デゥウェリングタイムと言う。

TIP – プレイヤーがよくするミスはボールがラケットに密着する瞬間を意識しすぎる事である。 まず、ボールを打つ瞬間の事を意識しすぎると、ストロークを打つ時の他の動作を忘れがちになる。ボールを打つに当たって、テイクバック、インパクトとフォロースルーが全部重要であるためインパクトの瞬間を意識するのは良くない。また、インパクトの瞬間に集中しすぎると、腕にストレスと力を加えすぎ可能性が出るためぼーるを打つために必要な手首アクションが使えなくなる。

ボールを打つための重要点

ボールを打つ時に一番心がけないと行けない点は、インパクトではなく、打ちたい方向である。体はもうボールに入る動作は自然に練習で身についてるのでボールの打つう方向を考えるだけど大丈夫である。

次にできるだけ手首を固定して打つ事。 手首を固定する事によって、肩を主体にした腕全体の力を利用することができる。 腕がまっすぐであるほど、ボールを自分でコントロールができる。 手首を使って打つとストロークの可動域が狭く、ボールをうまくコントロールする事が出来ずまたエラーも多くなる。ボールをコントロールする事が出来るようになったら、 試合とポイント支配できる事ができる。

ボールをコントロールするためにはテイクバックが重要である。 特に重要して奉仕いのは横に大きくテイクバックする事である。テイクバックに関しては次の章で書きたいと思います。横に大きくテイクバックするためには肘が重要である。 肘はできるだけ腰から遠い位置に置く。 低い球高い球も全部肘の位置次第で変わる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

Uncategorized, 日本語