Yuma Daijima

テニスにおいて姿勢はすごく大事である。しっかりした姿勢を維持することを目標にして選手はテニスに取り組むべきだ。

テニスの正しい姿勢は、肩が後ろに反ってありて、膝が少し曲がった姿勢を作った後、頭をしっかり前に向けたポジションが必要だ。この姿勢を維持するために尾骨を後ろに出す感じの姿勢を取った方が良い。尾骨を出す姿勢をする事によって自動的に背中がまっすぐなって肩が少し後ろに反る形ができる。この姿勢を維持すると、選手はボールに早く対応でき、また姿勢が低いので土台がしっかりして安定してボールを返す事ができる。

正しい姿勢をテニス選手がとると体が自然に前のめりになり積極的なボールを打つことができる。この姿勢をとる事によってストロークを打つ際、体の姿勢のおかげでボールをしっかりコントロールができるようになる。なぜなら前のめりになってるおかげで自然にボールに対してポジションが取りやすくなり力をボールに加えることができる。

テニスは体のしなりと回転を使う種目だ。選手は背骨、腰を回転する事によってボールに勢いを作ることができる。テニスをしてる際背骨が曲がってる場合、背骨の回転領域が狭くなりボールの勢いかつボディーバランスが取りにくくなる。

人間はバランスをとる事によって動いてるときまた止まってるときにしっかりした姿勢を取る能力である。バランス感覚が特にテニスで必要になってくる。選手がボールを打つ場合、打つ直前と打つ瞬間と後にしっかりバランスを保たないといけない。 バランスをしっかりプレー中に取るためにはバランス感覚を理解しないといけない。 バランスは人間の耳の神経細胞、重心の位置、 あと姿勢の低さによってバランスが左右される。

 バランスは神経細胞、視界と関節にある神経によってテニス選手はボールに反応してボールに対応することができる。

ポジションを取るには

  1. 足の位置(アンカーステップ)、によってボールが来たときに一番良い体重移動ができる。バランス感覚を保つためには、体の関節から神経を脳に送っていてこのアイディアによって体正しいストロークの体制に入れてるのかがわかる。
  2. 肩と腰の位置、角度と回転量によってストロークに反映する。
    1. 腰の角度、ボールが侵入してる時の肩の方向。
    2. 肩の回転する角度と腰の回転の角度の差
  3. ヘッドポジション(頭の位置) 選手がボールを打つ時頭の位置はブレない。 体の重心を保つためには耳にあるバランス感覚を整える神経があるので選手が頭を動かし過ぎるとバランスが取れなくなりストロークが悪くなる

正しいバランスを維持するためには上半身はできるだけ固定し、頭のポジションをできるだけ自分でコントロールすることが大事である。これを意識する事によってしっかりした体重移動ができるようになる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

Blog posts, 日本語