キネティックチェーン: キネティックとはから動きと言う意味でチェーンはその動きを結ぶものだ。なので今回のテーマは体の動きとその結ぶ動きに関して話したいと思います。

1.最初に身体を色々な部分にわけよ。(足、腕、腰、など)

2. 次ボールを打つ瞬間を考えよ。ボールを打つため、地面の下から上にかけて力を伝えないと行けない。 ボールを打つ上で色々な動作を考えなければ行けない。(力の伝え方、キネティックチェーン)。 ボールの打ち方に対して違う視点から見ると、怪我をせず簡単にボールを打つことができる。

3.キネティックチェーンはエネルギーの移り変わりを意味する。足からラケットにエネルギーの移動をしないと行けない。選手はボールを打つため、足から力を伝えて、身体のあらゆるチェーンを打つかってラケットで打つ。

ストロークを打つとき、後ろ足(ローディングレッグに)最初に力を込めて、そのあと身体のチェーンを使い前足に体重移動しつつ、腰を回す。 この動きによってラケットスピードが上がる。オープンスタンスで打つ場合、力を後ろ足から力を伝えて横と上の方向に力を伝えて行く。クローズスタンスでしたら、前に力を伝えることができる。

サーブを打つとき足からの力が一番重要だ。足を打つかい上下に力を伝える。その間、腰を回してコート向くような形を作る。腰は肩の回転よりを大切だ。サーブにおいて一番正しい打点は後ろ側の腰が前足側にかかって、右利きの場合、右足肩が前に終わるような形をとる。

最後のポイント。 テニスにおいて一番ボールに伝えるためには腕と肩の回転ですが、確率の高いボールを打つには足の力が必要だ。地面からの力を使い腰と下から反動でいい球が打つことができる。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

Blog posts, Body coordination, Stroke Production, 日本語