キネティックチェーン: 身体の動きを相対的に見る方法である。キネティックは身体の動きを表す言葉で、チェーンは身体の関節の部分を表す。チェーンのうちの一つでも不具合があれば身体全体に影響を及ぼす。

1。テニスをする上で身体を全部一つの物として見る。腕の部分また足などに分けずに全体的に見る。

2。 ボールを打つ瞬間の動作はその前の動きの動作で左右されてるんだと思った方がいい。ボールを打つ前に選手はしっかり準備などをしないと行けないので打つ瞬間の動作ではなくその前の身体を整える時を意識してテニスをなければならない。このような考え方を持つと怪我、無理をせずテニスを続けることが可能である。

キネティックチェーンは力が加わる場所の入れ替わりでなっている。最初は足から地面を蹴り出し、徐々に上に行き、最終的には腕、ラケットに力が伝わる。

ストロークを打つ時、後ろ足、ローディングレッグにまず力が加わり、前足に腰をひねりながら加わる。 足から力が伝わって腰のローテーションが行いて徐々に腕回転速度が身体の回転によって速度が上がる。オープンスタンスでストロークを打つ場合後ろ足(ローディングレッグ)にまず座る形を作る。この形を作ることによって上と横にからが捻ることができる。クローズスタンスの場合、後ろ足に乗って、前足に体重移動するのでボールが相手コートの方向に力が伝わる。

サーブの場合、足が地面を蹴りだす力によって上に力を作ることができる。身体が空中、もしくは上に力を半混んでる時に、腰は回転し、前に力を伝える形を作る。よく選手は勘違いをし、肩で力を伝えようとする。足が上にしっかり力を伝えることによって、腰の回転を一番よくできて、ボールの打点がちょうど前方の上に行くような動きが実現できる。

テニスでは大体伸びきった腕から力が伝わる。だが確実にボールを入れるためには地面をしっかり蹴りださないとボールはしっかりコート内に治らない。