前の投稿で一度話しましたが、スプリットステップ、ファーストステップ(ピビットステップ)がテニスにおいてとても重要である。ストロークの準備する時、ボールへの入り方の準備、ボールを打つ寸前の準備と後の体の姿勢はスプリットステップとビビットステップで決まる。

私は自分のテニスの生徒さんからよく聞かれます、ピビットステップの後はどんなステップをした方がいいですかと。 私個人的には選手にクロスステップを使うことを勧める。 ピビットステップとクロスステップがない場合、選手はサイドステップを頼りにしないといけない。サイドステップは選手の動きを遅くするためクロスステップが大事である。

1. スプリットステップは選手がボールを打つために準備する動作であり、軽いジャンプをする。する時は相手選手がテイクバックした瞬間だ。なぜこのタイミングでスプリットステップをするかとゆうと相手がボールを打つ瞬間にちょうど選手は地面につく。ふくらはぎの筋肉が伸びきった状態になるのでとっさにボールに動くことができる。

2.ピビットステップは選手がボールの行く方向を知った時行うステップである。スプリットステップをした後、ボールの落下位置に近い方の足を左右のほうこうに向ける。これによって腰が開きボールの方向へクロスステップがしやすい足の動き方ができる。この腰の開きによって横向きの姿勢を作ることができボールに早く力強く動くことができる。

3. クロスステップはできるだけ爆発力のあるように力強く地面を姿勢とコートをできるだけカバーする。 片足でピビットステップを切ってる間、もう一つの足は強くクロスステップをできるようにする。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

Blog posts, 日本語