現代テニスでは選手はスピンをボールに以前よりもかけることが増えてる。しかしプレイヤーの皆さんは効率力スピンをかける方法に戸惑ってるいる。腕だけでスピンをかけようとすると手首、肘など怪我しやすくなるのでしっかり選手はバイパーショットウィオ磨かないといいスピンボールが打てないのである。

スピンの掛け方よりもまず体のどこを捻ったりすればスピンが出るのかをまず考えなければ行けません。

IMG_0803

まず、ボールの力の発祥源は体のねじりキネティックチェーンを利用しないとボールにいい回転がかからない。特に足を蹴りだす力が必要だ。足からのエネルギーは腰にうつり、腰からの力一番ボールにスピンを伝える上で重要な点になって行く。この動きの部分をリニアテニス(モーメントの力を使うテニス)と言う。

最初にテニスをする上でピボットステップが大事になる(最初に位置する足)。このピボットステップによって体が左右に捻られる。

IMG_0804

このことによってまず腰の位置がボールに対して横向きがであるため打つときにしっかり腰を回して力を伝えることができる。腰を捻ってボールを打つとき、腕がボールにミートしている間、腰はだんだんボールから離れて行く、それでいずれか腰はコート上では正面を向くか形になりボール平行移動によってボールにしっかり力が伝わることができる。この腰と足の力のおかげで選手が出される最大限の回転量が生める。

IMG_0805

腰と足からの力によってしっかりボールを加速させて力も伝えられる。さらに回転を生むには肩の回転と手首と指の使い方で角運動量の法則によってスピンをだすことができる。

 

IMG_0807

1. 準備するときにまず肩をしっかり捻って腰がターンできる範囲の角度より肩をまわさないと行けない。 肩をたくさんターンさせることによって選手はしっかり角運動量をつくることができ最終的には肩が腰の前でスウィングを持って行くことができる。

IMG_0808

2. 回転をかける上では下から上に引っ張る力によって回転量がうまれる。 腕を捻っても回転量が作れますが今回のブログではボールをしっかり捉えてスピンをかけることに着目を置きたいです。最初にラケットヘッドはボールを捉える際、下に向いてないといけません。これによって指と手首を使いながらラケット上にあげて行き、ボールにしっかり回転がかかるようになります。手首の使い方また次のブログで教えませう。

以上です。

 

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

日本語