Quantified and Measured Training process
トレーニングの過程の定量と測定

これは,PlaySmartTennisよりたくさん発行されてるコレクションからの始めの記事である.このブログではトレーニングの過程についてあらゆる観点から科学に基づいた説明をしており,コーチやアスリート,両親が,アスリートがどのように,なぜトレーニングの負荷に対するかを理解する助けになるだろう.

トレーニングの負荷の定量化とそれを測定することで,コーチやアスリートはトーナメントや練習における一定期間での進歩過程を理解することができる.進歩に関する情報は,コーチが,試合においてアスリートが実際にどの要素をすでに習得しているかを理解する上で重要である.体系的にアスリートのパフォーマンスにおける生理的・心理的変化を観察することで,トレーニング効果の分析に基づいて,練習の効果をはかることができる.

710781FD-5E2E-4F2A-9849-628B48546CA6基本的に観察された練習プログラムのゴールは,最適なパフォーマンスをする機会を増やすことだけでなく,非機能的なオーバーリーチングやオーバートレーニング,病気,けがのリスクを減らすことにある.観察されて定量化されたトレーニングの負荷は,トレーニングにおける直接的な身体的・精神的・技術的・戦術的な要素であり,練習プログラムを始めるにあたって最も重要な側面である.このページでは,トレーニングの負荷に対してアスリートが生理的・心理的にどのような反応をするかを測定する方法と,これらの情報に基づいてトレーニングの量を変えていく方法を説明する.トレーニングの量とどのようにアスリートがそれに反応するかの間の関係は,トレーニングパフォーマンスの効果を,最終的な結果として表す.

加重とひずみ,応力
スポーツにおける応力は,物理的にフックの法則によって生じる圧力によって解釈される.フックの法則は弾性域における法則で,物体の変形や大きさの変化は加重に比例するというもの.荷重を除くと物体はもとの形・大きさに戻る.フックの法則は加重とひずみ,応力の関係を表している.応力は物体に外力が加わる場合、それに応じて物体の内部に生ずる抵抗力である.ひずみは,物体に外力を加えたときに現れる、形や体積の変化.比較的小さい圧力に対しては,圧力はひずみに比例する.

E0903009-412E-48B8-B2C9-55BFAE796809フックの法則
a)物体にはたらく荷重は,物体を比例変形させ,それはひずみとして表れる.
b)この形状の変形は応力として物体内部にエネルギーを蓄えられる.
c)荷重が除かれると,物体はもとの大きさに戻る.物体内部に蓄えられたエネルギーがこれを可能にする.

加重が除かれたとき,応力が応力限界を超えない限り,物体はもとの状態に戻る.この点を越えると,物体は加重を除いても元の状態に戻らない.物体に対する重要な荷重はこの点である.構造の完全な復元は加重が除かれたときにすみやかに起こるが,加重が大きすぎると大きなエネルギーが物体中に蓄えられ,応力限界を超えると完全に変形してしまう.
致命的な荷重に達するより前では,応力とひずみは比例する.この点を越えると応力とひずみは比例しなくなる.

トレーニングの過程を観察して管理した時に,考えるべき重要な観点は一度のトレーニングにおける激しい刺激とその刺激がトレーニングの過程に対してどんな影響を与えるかとの間の関係である.トレーニング中に生じる疲労はアスリートがトレーニングをする際の自然な反応である.
その後数時間以内に,アスリートは課されたトレーニングの負荷によって1日か2日の回復過程を始めた方がいい.もし完璧に回復したら,アスリートは前の負荷に適応してパフォーマンスが向上するだろう.もし回復が十分でなかった場合や,アスリートやコーチが回復に対して不適切なトレーニング量を課した場合,激しい疲労状態が深刻な心理的・生理的不適応につながる.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

Training, 日本語