テニスの横方向の動き

試合中のテニスの動きの約7割は横方向の動きである

PUBLISHED IN ENGLISH: 2020/07/19

横に動く物体は、大きな横方向の運動量を生み出します。 その勢いをパワーの源として維持するためには、バランスやパワーとの兼ね合いで、ストロークの前にブレークを引かずに慣性(横方向)を維持し(減速はストローク中に行う)、直線的な勢いを前方の勢いに移す必要がある。

REACTION- INITIAL STEP – DECISION MAKING OF LOADING/UNLOADING STEP

ロードの瞬間には、プレーヤーは運動量を前方に移動できる程度に減速し、体の動きの流動性を保つ。急に動きを止めて、足全体を踏み込んで動きに切れ目を入れると、ニュートンの慣性の法則により、上半身は支持台に寄りかかって横に動き続け、重心が支持台から離れてバランスを崩し、選手は転倒しないように必死になります。 

Hitting on the run

ランでの良いストロークのポイントは、バックスイングのタイミングとローディングのステップのタイミングです。 ランでの打球で最も重要なことは、ローディング(パワー)とアンローディング(コントロール)の間のバランスを保つことです。バランスのとれた動きをするためには、下肢と上肢の反対側の動き(例えば、左腕と右脚)を、動きの中で同期させる必要があります。これはランでのストロークの重要な要素であり、脚のドライブからストロークを開始し(下肢は前方への直線的な運動量)、反対側の腕を体幹-肩の回転(角度的な運動量)の開始点として使用することで、プレイヤーは直線的な運動量を角度的な運動量に移すことができます。 

熟練したプレーヤーは、ボールにできるだけ近づこうとせず、横方向に移動しながら、たとえ荷重位置が将来の接触から離れていても、近い方の足にできるだけバランスよく荷重をかけることを優先します。距離に関係なく、たとえ両足が地面から出ている状態でボールを打つことになっても、ボールをできるだけ押し出すために足を使うのです。 

その目的は、前肩と前肘を準備して、後ろの腰と脚の負荷から生まれるエネルギーを受け止め、ストロークの前方の勢いを可能にすることです。しかし、負荷のかかるステップが広すぎると、サポートのベースが広すぎて、プレーヤーに関節可動域の動きよりも安定性を選ぶように圧力をかけてしまうため、ストロークのメカニクスが不安定になります。このような身体の動きは、股関節の不動性が前方への効率的なエネルギー伝達の限界点となるため、ストロークの生成を制限します。  

一方で、足を踏み入れた時や荷重をかけた時に、サポートのベースを最適な大きさに保つことで、ボールを介して股関節や体幹の前方への動きを生み出すことができ、貫通力のある攻撃的なストロークが可能になります。

直線的な動きと角度のある動きの組み合わせは、攻撃的でアグレッシブなストロークの基礎となります。もしプレイヤーが状況やゲームの制約に限界を感じているのであれば、パワフルなストロークではなく、より正確なストローク(セーフティー)を作る方が賢明な戦術的選択となるでしょう。 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.