打点は加速段階において最速となる場所である。運動連鎖を通して生成されたエネルギーは最終的に手首へと伝わる。そのエネルギーはレッグドライブ、身体のひねり、肩の内部回転、前腕のプロネーションそして最終的に手首の屈曲を経てある一点へと伝わる。

サービスの運動連鎖において効率的な荷重をかけcockingする段階を踏んだ後にラケットをスイングする段階となる。Cocking phaseでは、ゆっくり動く大きな筋肉にそのしなやかなエネルギーが溜められ、加速段階においてこのエネルギーはより早く動く筋肉からボールに伝わる。

レッグドライブとは?

プレイヤーが地面を押して反発力を利用するサービスモーションの最初の運動連鎖のつながりとその効率は、3つの関節(足首から始まり膝を通り、腰まで)をいかに同調させながら伸ばすかによって決まる。うまく同調させ伸ばすことは重要な役割を担う。その役割とは、直線運動を使って打点を高くし、脚からの回転運動を腰そして肩に伝わらせ、前へのスイングを長くすることである。これらにより、より効率が良いサービスモーションとなる。さらに、効率の良いレッグドライブによって外旋および内部回転による肩への負担が少なくなる

サービスモーションにおいて直線運動は、プレイヤーが完璧に上体を回転させたところから打点に入り、最も効率が良いフォロースルーをしたときに完成する。

これをするには、脚で生み出したエネルギーを腰、肩、さらに腕、そして手首に伝えるパワフルな連動が必要となる。

準備段階とは何か。もっとも効率よく投げる動き(加速・フォロースルー段階)方法において、体がエネルギーをためる間(cocking phase)に空中にボールを放つことである。

現代テニスでは選手はスピンをボールに以前よりもかけることが増えてる。しかしプレイヤーの皆さんは効率力スピンをかける方法に戸惑ってるいる。腕だけでスピンをかけようとすると手首、肘など怪我しやすくなるのでしっかり選手はバイパーショットウィオ磨かないといいスピンボールが打てないのである。

ボールを捉えるためには3つの条件が沿わないときれいにボールを打つことができない。①最初はしっかり下半身と上半身のバランスを整えながら打たないといけにあ。②ボール打つ前と打ち終わった時しっからバランスの変動が起きないようにする、軸をブラさないようにする。③上半身でボールをしっかりコントロールして下半身で生かす打ち方をしないといけない。