これは,PlaySmartTennisよりたくさん発行されてるコレクションからの始めの記事である.このブログではトレーニングの過程についてあらゆる観点から科学に基づいた説明をしており,コーチやアスリート,両親が,アスリートがどのように,なぜトレーニングの負荷に対するかを理解する助けになるだろう.

オーバーリーチングは,心理的影響や生理的不適応の兆候の有無によらず,オーバーリーチングを通じたパフォーマンス向上のために組まれたトレーニングや,質や量を変えることでアスリートを現在のパフォーマンスレベルからさらに上げるトレーニングのキモである.しかし,適切な回復期間なしに高い強度を維持したトレーニングをし続けると,オーバーリーチングは容易にオーバートレーニングに変わりうる.アスリートに長期間高い負荷をかけ続けると,生理的または心理的能力や喜んで取り組む気持ちの低下につながり,結果として説明がつかないパフォーマンスの低下や,慢性的な疲労,トレーニングや競技におけるRPE(自覚的運動強度)の増加,睡眠障害,病気(おもに上部気道の感染症),栄養習慣の乱れが生じる.

インパクト段階の後,フォロースルーと着地の段階では,ボールの方向付けと,
慢性的な怪我から筋肉や腱,人体を守るために,一連の動作の減速を行う.

打点は加速段階において最速となる場所である。運動連鎖を通して生成されたエネルギーは最終的に手首へと伝わる。そのエネルギーはレッグドライブ、身体のひねり、肩の内部回転、前腕のプロネーションそして最終的に手首の屈曲を経てある一点へと伝わる。

サービスの運動連鎖において効率的な荷重をかけcockingする段階を踏んだ後にラケットをスイングする段階となる。Cocking phaseでは、ゆっくり動く大きな筋肉にそのしなやかなエネルギーが溜められ、加速段階においてこのエネルギーはより早く動く筋肉からボールに伝わる。

レッグドライブとは?

プレイヤーが地面を押して反発力を利用するサービスモーションの最初の運動連鎖のつながりとその効率は、3つの関節(足首から始まり膝を通り、腰まで)をいかに同調させながら伸ばすかによって決まる。うまく同調させ伸ばすことは重要な役割を担う。その役割とは、直線運動を使って打点を高くし、脚からの回転運動を腰そして肩に伝わらせ、前へのスイングを長くすることである。これらにより、より効率が良いサービスモーションとなる。さらに、効率の良いレッグドライブによって外旋および内部回転による肩への負担が少なくなる

サービスモーションにおいて直線運動は、プレイヤーが完璧に上体を回転させたところから打点に入り、最も効率が良いフォロースルーをしたときに完成する。

これをするには、脚で生み出したエネルギーを腰、肩、さらに腕、そして手首に伝えるパワフルな連動が必要となる。