準備段階

準備段階とは何か。もっとも効率よく投げる動き(加速・フォロースルー段階)方法において、体がエネルギーをためる間(cocking phase)に空中にボールを放つことである。

スピンボールを打とう!

現代テニスでは選手はスピンをボールに以前よりもかけることが増えてる。しかしプレイヤーの皆さんは効率力スピンをかける方法に戸惑ってるいる。腕だけでスピンをかけようとすると手首、肘など怪我しやすくなるのでしっかり選手はバイパーショットウィオ磨かないといいスピンボールが打てないのである。

ボールへの左右の動き方、ダイナミックバランス打つ前と打つ

ボールを捉えるためには3つの条件が沿わないときれいにボールを打つことができない。①最初はしっかり下半身と上半身のバランスを整えながら打たないといけにあ。②ボール打つ前と打ち終わった時しっからバランスの変動が起きないようにする、軸をブラさないようにする。③上半身でボールをしっかりコントロールして下半身で生かす打ち方をしないといけない。

ローディングとダイナミックバランス

ローディングとは身体の色々な部分の筋肉を常に緊張させて身体をちぇーんのように使いテニスのボールを打つことだ。

身体をしっかりコントロールすることでボールは自分が描いて欲しいような軌道を描きながら飛ぶ。バランスとは身体の動きを全てコントロールする能力である。 ダイナミックバランスとは身体の重心がいかにぶれてもしっかりコントロールする能力である。テニスは常身体と体制を変えながら打たないと行けないのでバランスの維持が大切になる。

スピリットステップ、ピビットステップ、クロスオーバーステップ

前の投稿で一度話しましたが、スプリットステップ、ファーストステップ(ピビットステップ)がテニスにおいてとても重要である。ストロークの準備する時、ボールへの入り方の準備、ボールを打つ寸前の準備と後の体の姿勢はスプリットステップとビビットステップで決まる。

1 2 3 4