打撃姿勢がフォアハンドのメカニックに与える影響

脚と体幹の質量が大きい低速筋群は、前進する腰へのエネルギー伝達の主要な源であるレッグドライブとして、直線的な運動量に大きく寄与しています。大きな筋肉群が前方への運動量に大きく寄与するという概念から、効率的なレッグドライブを生み出すバッターの能力に関する観察者の認識は、ストロークの意図を予測する上で重要な情報を提供することができます。体幹の回転は、外旋負荷の角度によって、ボールの方向とペースについて非常に有益な情報を提供することができます。オープンスタンスに比べ、スクウェアスタンスでのストロークでは、腕の内旋とトルクの値が著しく高くなり、ボールの攻撃性と貫通性に寄与することが研究により明らかになった

テニスとテニスチャンピオンの予想

ストロークの実行は,プレーヤー,相手,ボールという相互に関連する3つの存在の運動量という観点から説明することができる。テニスプレーヤーの目標は、同期した協調的な体の動きを通じて、自分の運動量をインパクトゾーンに向けて、またそのゾーン全体に向けることです。相手によって作られた運動量を持つボールは、プレーヤー間の相互作用の対象となります。テニスが3者間の相互作用のスポーツであるという事実は、入ってくるボールに関連して相手がどのように動くかについての意識と注意を高めるはずである。レシーバー・プレーヤーは、ボールをインターセプトするために相手がどのように運動量を生み出し、適用するかを観察すべきであり、それは結果的にポイントの力学とレシーバー・プレーヤーの将来のインパクト・ゾーンに直接影響する

テニスの横方向の動き

プレイヤーが横向きになると、横方向に大きな運動量が生まれます。 その勢いをパワーの源として維持するためには、バランスやパワーとの兼ね合いで、ストロークの前にブレークを引かずに慣性(横方向)を維持し(減速はストローク中に行う)、直線的な勢いを前方の勢いに移す必要がある。

INTERNATIONAL CAMPS COOPERATION

私たちは、日本のジュニアたちに、世界のトップテニスプロやコーチから練習し、学ぶ機会を提供します。

私たちの目標は、日本のジュニアと大人のプレーヤーに新しい可能性を提供し、最高レベルのテニスサービスを体験していただくことです。

私たちの提案するテニスキャンプは、世界最高峰のコーチ陣とグランドスラムのタイトル獲得者が管理・運営するテニスキャンプです。

私たちは、日本のプレーヤーにヨーロッパのテニスアプローチ、プレーヤーが望む結果をもたらす方法論を提供したいと思います。

また、私たちの協力は、トレーニングの質とこれまでの実績という一つの基準に基づいています。

トレーニング中や試合中の認知的適応力を高めるための自己集中型メソッド

自己フォーカストレーニングとは、選手がある目標を達成するために必要な状況を完全に認識することを促すものです。選手は、課題を克服し、練習課題の目標を達成するために必要な自分の能力を理解している必要があります。選手は、知識だけではなく、解決や意思決定のプロセスにおける経験を振り返り、必要な時に知識を再構築するために、コーチから独立して意思決定を行う能力を備えている必要があります。

1 2 3