What my Doctoral Thesis Taught me: Tennis Training for the Future Champions

Coaches teach tennis from the point of “racquet-ball” rather than movement and timing. Interception has two aspects, movement towards the ball to intercept it and create an impact point. This can differ from the concept of the hitting in which player can wait for the ball to approach before the impact. Even with the perfect contact point in which the ball lands at the string bed at the sweet spot, if the momentum of the hitter’s racquet movement does not match the movement momentum of the incoming ball, the stroke will not be satisfactory in intensity and direction

Newest published article

I would like to use the scientific approach to tennis and bring it in the easiest form to the tennis coaches around the world.

Understanding the movement patterns of the expert players can provide many data which we should use when developing tennis players.

These data showed that the more expert player is skilled in disguising his stroke intentions the more he places opponent to the disadvantageous position. Something worth to think about when talking about technical-tactical aspect of the tennis teaching

打撃姿勢がフォアハンドのメカニックに与える影響

脚と体幹の質量が大きい低速筋群は、前進する腰へのエネルギー伝達の主要な源であるレッグドライブとして、直線的な運動量に大きく寄与しています。大きな筋肉群が前方への運動量に大きく寄与するという概念から、効率的なレッグドライブを生み出すバッターの能力に関する観察者の認識は、ストロークの意図を予測する上で重要な情報を提供することができます。体幹の回転は、外旋負荷の角度によって、ボールの方向とペースについて非常に有益な情報を提供することができます。オープンスタンスに比べ、スクウェアスタンスでのストロークでは、腕の内旋とトルクの値が著しく高くなり、ボールの攻撃性と貫通性に寄与することが研究により明らかになった

テニスとテニスチャンピオンの予想

ストロークの実行は,プレーヤー,相手,ボールという相互に関連する3つの存在の運動量という観点から説明することができる。テニスプレーヤーの目標は、同期した協調的な体の動きを通じて、自分の運動量をインパクトゾーンに向けて、またそのゾーン全体に向けることです。相手によって作られた運動量を持つボールは、プレーヤー間の相互作用の対象となります。テニスが3者間の相互作用のスポーツであるという事実は、入ってくるボールに関連して相手がどのように動くかについての意識と注意を高めるはずである。レシーバー・プレーヤーは、ボールをインターセプトするために相手がどのように運動量を生み出し、適用するかを観察すべきであり、それは結果的にポイントの力学とレシーバー・プレーヤーの将来のインパクト・ゾーンに直接影響する

1 2 3 4