テニスとテニスチャンピオンの予想

ストロークの実行は,プレーヤー,相手,ボールという相互に関連する3つの存在の運動量という観点から説明することができる。テニスプレーヤーの目標は、同期した協調的な体の動きを通じて、自分の運動量をインパクトゾーンに向けて、またそのゾーン全体に向けることです。相手によって作られた運動量を持つボールは、プレーヤー間の相互作用の対象となります。テニスが3者間の相互作用のスポーツであるという事実は、入ってくるボールに関連して相手がどのように動くかについての意識と注意を高めるはずである。レシーバー・プレーヤーは、ボールをインターセプトするために相手がどのように運動量を生み出し、適用するかを観察すべきであり、それは結果的にポイントの力学とレシーバー・プレーヤーの将来のインパクト・ゾーンに直接影響する

テニスの横方向の動き

プレイヤーが横向きになると、横方向に大きな運動量が生まれます。 その勢いをパワーの源として維持するためには、バランスやパワーとの兼ね合いで、ストロークの前にブレークを引かずに慣性(横方向)を維持し(減速はストローク中に行う)、直線的な勢いを前方の勢いに移す必要がある。

INTERNATIONAL CAMPS COOPERATION

私たちは、日本のジュニアたちに、世界のトップテニスプロやコーチから練習し、学ぶ機会を提供します。

私たちの目標は、日本のジュニアと大人のプレーヤーに新しい可能性を提供し、最高レベルのテニスサービスを体験していただくことです。

私たちの提案するテニスキャンプは、世界最高峰のコーチ陣とグランドスラムのタイトル獲得者が管理・運営するテニスキャンプです。

私たちは、日本のプレーヤーにヨーロッパのテニスアプローチ、プレーヤーが望む結果をもたらす方法論を提供したいと思います。

また、私たちの協力は、トレーニングの質とこれまでの実績という一つの基準に基づいています。

トレーニング中や試合中の認知的適応力を高めるための自己集中型メソッド

自己フォーカストレーニングとは、選手がある目標を達成するために必要な状況を完全に認識することを促すものです。選手は、課題を克服し、練習課題の目標を達成するために必要な自分の能力を理解している必要があります。選手は、知識だけではなく、解決や意思決定のプロセスにおける経験を振り返り、必要な時に知識を再構築するために、コーチから独立して意思決定を行う能力を備えている必要があります。

テニスの練習による知覚・認知の発達

コート上の状況に対する最も重要な適応は、適切なテニスの練習を通じて開発された、知覚的および認知的評価スキルに基づくプレーヤーの意識から生まれます。知覚・認知プロセスの重要性は、選手が相手の行動に対して事前に反応を起こし(予測)、それに対して最適な行動を起こす(意思決定)ことを可能にする点にあります。試合では、生理学的な要素も非常に重要ですが、先読みや意思決定などの知覚・認知能力が高いレベルのパフォーマンスを支えています。だからこそ、トレーニングの核となるのは、予測や意思決定、そしてオプション生成のプロセスを開発することではないでしょうか。

状況認識-テニスの練習と試合の現在と未来

テニスにおける先読みについて、また先読みをどのようにして身につけるかについて、多くの議論がなされています。予測能力に優れたプレーヤーは、普通のテニスプレーヤーに比べて大きなアドバンテージを持っています。彼らはゲームの合図を読むことができるので、ポイント中に相手の一歩前に出ることができます。反応が早く(考えることが少なく)、ポジションを取るのも早い(早く動いているわけではないが、そのように見える)ため、より効率的な技術と戦術の実行が可能になります。彼らは自分のゲームをコントロールしているのです。
予測は、状況認識の一部です。予測の意味の一つは、「期待」です。しかし、プレーヤーが何かを期待できるのは、その何かが起こる準備ができている場合だけです。過去に同じようなことが起きた経験があったり、訓練を受けていたりすると、プレーヤーは何かが起きることに備えることができます。このようにして、プレイヤーは以前に起こった同じ状況の手がかりや要素を認識することができるのです。

1 2 3 4