SPLIT STEP AIR PHASE

One of the greatest challenges of the dynamic tennis environment is a creation of a quick and accurate decision of the physical response (movement) corresponding to the technical-tactical intentions of the opponents’ striking actions. By prioritizing the needs of high-speed reactions, expert tennis players tend to decide of the movement direction and intensity while still being above the ground, at the air phase of the split step, as proposed by Uzu et al. (2009). From there the decision of the movement intensity and direction corresponds to receiver gathering information while increasing the much-needed muscle spindle sensitivity of the leg muscles before the ground contact, moving their center of mass away towards the edges of their support base.

打撃姿勢がフォアハンドのメカニックに与える影響

脚と体幹の質量が大きい低速筋群は、前進する腰へのエネルギー伝達の主要な源であるレッグドライブとして、直線的な運動量に大きく寄与しています。大きな筋肉群が前方への運動量に大きく寄与するという概念から、効率的なレッグドライブを生み出すバッターの能力に関する観察者の認識は、ストロークの意図を予測する上で重要な情報を提供することができます。体幹の回転は、外旋負荷の角度によって、ボールの方向とペースについて非常に有益な情報を提供することができます。オープンスタンスに比べ、スクウェアスタンスでのストロークでは、腕の内旋とトルクの値が著しく高くなり、ボールの攻撃性と貫通性に寄与することが研究により明らかになった

テニスとテニスチャンピオンの予想

ストロークの実行は,プレーヤー,相手,ボールという相互に関連する3つの存在の運動量という観点から説明することができる。テニスプレーヤーの目標は、同期した協調的な体の動きを通じて、自分の運動量をインパクトゾーンに向けて、またそのゾーン全体に向けることです。相手によって作られた運動量を持つボールは、プレーヤー間の相互作用の対象となります。テニスが3者間の相互作用のスポーツであるという事実は、入ってくるボールに関連して相手がどのように動くかについての意識と注意を高めるはずである。レシーバー・プレーヤーは、ボールをインターセプトするために相手がどのように運動量を生み出し、適用するかを観察すべきであり、それは結果的にポイントの力学とレシーバー・プレーヤーの将来のインパクト・ゾーンに直接影響する

1 2 3 10