Newest published article

I would like to use the scientific approach to tennis and bring it in the easiest form to the tennis coaches around the world.

Understanding the movement patterns of the expert players can provide many data which we should use when developing tennis players.

These data showed that the more expert player is skilled in disguising his stroke intentions the more he places opponent to the disadvantageous position. Something worth to think about when talking about technical-tactical aspect of the tennis teaching

SPLIT STEP AIR PHASE

One of the greatest challenges of the dynamic tennis environment is a creation of a quick and accurate decision of the physical response (movement) corresponding to the technical-tactical intentions of the opponents’ striking actions. By prioritizing the needs of high-speed reactions, expert tennis players tend to decide of the movement direction and intensity while still being above the ground, at the air phase of the split step, as proposed by Uzu et al. (2009). From there the decision of the movement intensity and direction corresponds to receiver gathering information while increasing the much-needed muscle spindle sensitivity of the leg muscles before the ground contact, moving their center of mass away towards the edges of their support base.

INTERNATIONAL CAMPS COOPERATION

私たちは、日本のジュニアたちに、世界のトップテニスプロやコーチから練習し、学ぶ機会を提供します。

私たちの目標は、日本のジュニアと大人のプレーヤーに新しい可能性を提供し、最高レベルのテニスサービスを体験していただくことです。

私たちの提案するテニスキャンプは、世界最高峰のコーチ陣とグランドスラムのタイトル獲得者が管理・運営するテニスキャンプです。

私たちは、日本のプレーヤーにヨーロッパのテニスアプローチ、プレーヤーが望む結果をもたらす方法論を提供したいと思います。

また、私たちの協力は、トレーニングの質とこれまでの実績という一つの基準に基づいています。

ITPの根幹であるアスリートのパーソナリティ

アスリートがトレーニング量にどのように反応するかは、年齢、性別、遺伝、身体的な才能や能力、ライフスタイルなどの違いによって異なる可能性があります。特定のトレーニング刺激に対する生理的反応はほぼ予測できますが、適応の正確なレベルは個人によって異なります。また、トレーニング適応の方向性はある程度予測できますが、その大きさは個人の遺伝的特性に厳密に依存します。

テニスの呼吸法とストロークへの影響

私たちコーチの中で、選手に呼吸法やスポーツにおける正しい呼吸の重要性を教えるために、練習に時間を費やしている人はどれくらいいるでしょうか。
私たちは、ストロークテクニック、ストロークのパワーと正確さ、コンタクトポイントのタイミングを修正したり、不安レベルを下げて集中力を高めたり、疲労の発生を遅らせたりするために、多くの方法を見つけようとしています。呼吸法を練習に取り入れることで(それはとても簡単なことですが)、レベルに関係なく、プレーヤーのゲームをアップグレードすることができます。

ANTICIPATION IN TENNIS AND WHY TENNIS CHAMPIONS ARE CHAMPIONS

Through the course of tennis history, players’ performance enhancement evolved around the strokes and its effective application for the purpose of winning points in the competitive environment. Players’ stroke execution is surely one of the most researched field in the game of tennis as all tennis players, no matter of the level of their game or competitive involvement, are mostly attentive to the stroke mechanics and consistency of their body parts movement in space and time. Players usually try to be mostly aware of their own hitting space, with a tendency to underestimate the fact that tennis is a game of movements and interactions. 

Counter attacking movement

Initiating preparation for the stroke that is considered defensive not only influences the stroke mechanics but decreases the levels of forces used in the stroke production. By changing the perception from defensive to counter attacking, the player can neutralize the attacking intentions of the opponent, placing him/her to the unfavorable position at the court

打撃姿勢がフォアハンドのメカニックに与える影響

脚と体幹の質量が大きい低速筋群は、前進する腰へのエネルギー伝達の主要な源であるレッグドライブとして、直線的な運動量に大きく寄与しています。大きな筋肉群が前方への運動量に大きく寄与するという概念から、効率的なレッグドライブを生み出すバッターの能力に関する観察者の認識は、ストロークの意図を予測する上で重要な情報を提供することができます。体幹の回転は、外旋負荷の角度によって、ボールの方向とペースについて非常に有益な情報を提供することができます。オープンスタンスに比べ、スクウェアスタンスでのストロークでは、腕の内旋とトルクの値が著しく高くなり、ボールの攻撃性と貫通性に寄与することが研究により明らかになった

1 2 3 20