ITPの根幹であるアスリートのパーソナリティ

アスリートがトレーニング量にどのように反応するかは、年齢、性別、遺伝、身体的な才能や能力、ライフスタイルなどの違いによって異なる可能性があります。特定のトレーニング刺激に対する生理的反応はほぼ予測できますが、適応の正確なレベルは個人によって異なります。また、トレーニング適応の方向性はある程度予測できますが、その大きさは個人の遺伝的特性に厳密に依存します。

テニスの呼吸法とストロークへの影響

私たちコーチの中で、選手に呼吸法やスポーツにおける正しい呼吸の重要性を教えるために、練習に時間を費やしている人はどれくらいいるでしょうか。
私たちは、ストロークテクニック、ストロークのパワーと正確さ、コンタクトポイントのタイミングを修正したり、不安レベルを下げて集中力を高めたり、疲労の発生を遅らせたりするために、多くの方法を見つけようとしています。呼吸法を練習に取り入れることで(それはとても簡単なことですが)、レベルに関係なく、プレーヤーのゲームをアップグレードすることができます。

ANTICIPATION IN TENNIS AND WHY TENNIS CHAMPIONS ARE CHAMPIONS

Through the course of tennis history, players’ performance enhancement evolved around the strokes and its effective application for the purpose of winning points in the competitive environment. Players’ stroke execution is surely one of the most researched field in the game of tennis as all tennis players, no matter of the level of their game or competitive involvement, are mostly attentive to the stroke mechanics and consistency of their body parts movement in space and time. Players usually try to be mostly aware of their own hitting space, with a tendency to underestimate the fact that tennis is a game of movements and interactions. 

Counter attacking movement

Initiating preparation for the stroke that is considered defensive not only influences the stroke mechanics but decreases the levels of forces used in the stroke production. By changing the perception from defensive to counter attacking, the player can neutralize the attacking intentions of the opponent, placing him/her to the unfavorable position at the court

テニスとテニスチャンピオンの予想

ストロークの実行は,プレーヤー,相手,ボールという相互に関連する3つの存在の運動量という観点から説明することができる。テニスプレーヤーの目標は、同期した協調的な体の動きを通じて、自分の運動量をインパクトゾーンに向けて、またそのゾーン全体に向けることです。相手によって作られた運動量を持つボールは、プレーヤー間の相互作用の対象となります。テニスが3者間の相互作用のスポーツであるという事実は、入ってくるボールに関連して相手がどのように動くかについての意識と注意を高めるはずである。レシーバー・プレーヤーは、ボールをインターセプトするために相手がどのように運動量を生み出し、適用するかを観察すべきであり、それは結果的にポイントの力学とレシーバー・プレーヤーの将来のインパクト・ゾーンに直接影響する

テニスの動きの中で最も早い段階での知覚

知覚反応の中で、視覚系は支配的な感覚システムであり、適切な運動反応を効果的に生み出すために関連する手掛かりを検出するのに重要です。そのため、パフォーマンスを成功させるためには、スポーツ選手、特にテニス選手は、できるだけ早い段階で関連する視覚的な手がかりを識別し、それに注意を払う必要があります。視覚探索戦略とは、プレーヤーが関連する情報を検出して抽出するために、ディスプレイの周りで目の動きをどのように使うかを示すものです。

テニスでの注意、外部から内部への注意の移行

外部フォーカスは、動的環境の変化を検出することに関連しています。外部フォーカスの問題点は、それが非常に広い範囲に及ぶ可能性があることです。広い関心は情報源を特定しますが、多くの情報を処理することは、意思決定プロセスの効率に悪影響を及ぼします。 環境からの関連情報のみを検出することに関連する視覚的な戦略を作成することで、最も効率的なストロークを作成し、相手にプレッシャーをかけるための十分な時間を確保することで、対応を速めることができます。

テニス特有の動きのトレーニング

テニスの動きは、神経系、筋肉系、技術・戦術系の要素が絶妙に絡み合っています。テニスの動きは、神経、筋肉、技術的・戦術的な要素が絶妙に絡み合ったものであり、試合の状況や、打者と受者の幾何学的な関係に応じて、非常に高い要求がなされます。タスクとしての動きとその結果は、プレイヤーが環境と相互作用し、手にしているタスク(知覚)と時空間の制約(活動電位)に応じて、自らの精神的・物理的な反応と体の動きを調整し、作り出し、調整することで、複数の要因に影響されます

テニスの横方向の動き

プレイヤーが横向きになると、横方向に大きな運動量が生まれます。 その勢いをパワーの源として維持するためには、バランスやパワーとの兼ね合いで、ストロークの前にブレークを引かずに慣性(横方向)を維持し(減速はストローク中に行う)、直線的な勢いを前方の勢いに移す必要がある。

1 2 3 19