Personality is a strong foundation for the athlete’s development and managing of thoughts, emotions and behavior in general. As such, it determines the athlete’s levels and types of motivation, self confidence, perception and attitude as well as many other psychological components of the athletic performance

How do the athletes respond to the training dosage may differ most likely due to the difference in their physiological (genetics) and psychological (personality) characteristic

The center of the mass of the body is directly connected with the centering of the athlete’s mind. As centering of the mind makes the athlete more grounded, calm and relaxed, it lowers the levels of anxiety. Centering the thoughts, the athlete can be fully aware of the body’s position and to be exact – it’s center of mass and transfer of weight around it

Creating a feeling of proper loading and unloading the body parts is first step in creating the awareness of the power source

打点は加速段階において最速となる場所である。運動連鎖を通して生成されたエネルギーは最終的に手首へと伝わる。そのエネルギーはレッグドライブ、身体のひねり、肩の内部回転、前腕のプロネーションそして最終的に手首の屈曲を経てある一点へと伝わる。

サービスの運動連鎖において効率的な荷重をかけcockingする段階を踏んだ後にラケットをスイングする段階となる。Cocking phaseでは、ゆっくり動く大きな筋肉にそのしなやかなエネルギーが溜められ、加速段階においてこのエネルギーはより早く動く筋肉からボールに伝わる。

レッグドライブとは?

プレイヤーが地面を押して反発力を利用するサービスモーションの最初の運動連鎖のつながりとその効率は、3つの関節(足首から始まり膝を通り、腰まで)をいかに同調させながら伸ばすかによって決まる。うまく同調させ伸ばすことは重要な役割を担う。その役割とは、直線運動を使って打点を高くし、脚からの回転運動を腰そして肩に伝わらせ、前へのスイングを長くすることである。これらにより、より効率が良いサービスモーションとなる。さらに、効率の良いレッグドライブによって外旋および内部回転による肩への負担が少なくなる