The constant changes in attention are demanding of the player to be fully mentally and physically aware of the momentum and situations in order to respond to the fast paced changes in environment

The main purpose of learning is to be able to predict what is coming. Eventually through learning, we become experts through changes in our brain to perform so well but also to predict what would be an outcome of the particular movement

Imbalance in the training to recovery ratio (high training and competitions loads and not enough recovery) is the most decisive factor of developing the overtraining state of the athlete. Recovery strategy, as the opposition to the high performance training load strategy should be equally understood and applied as the part of the training process, rather then considered just as a day off the practice

これは,PlaySmartTennisよりたくさん発行されてるコレクションからの始めの記事である.このブログではトレーニングの過程についてあらゆる観点から科学に基づいた説明をしており,コーチやアスリート,両親が,アスリートがどのように,なぜトレーニングの負荷に対するかを理解する助けになるだろう.

オーバーリーチングは,心理的影響や生理的不適応の兆候の有無によらず,オーバーリーチングを通じたパフォーマンス向上のために組まれたトレーニングや,質や量を変えることでアスリートを現在のパフォーマンスレベルからさらに上げるトレーニングのキモである.しかし,適切な回復期間なしに高い強度を維持したトレーニングをし続けると,オーバーリーチングは容易にオーバートレーニングに変わりうる.アスリートに長期間高い負荷をかけ続けると,生理的または心理的能力や喜んで取り組む気持ちの低下につながり,結果として説明がつかないパフォーマンスの低下や,慢性的な疲労,トレーニングや競技におけるRPE(自覚的運動強度)の増加,睡眠障害,病気(おもに上部気道の感染症),栄養習慣の乱れが生じる.

インパクト段階の後,フォロースルーと着地の段階では,ボールの方向付けと,
慢性的な怪我から筋肉や腱,人体を守るために,一連の動作の減速を行う.

Unit turn, loading, unloading, stretch shortening momentum and finishing of the stroke