Newest published article

I would like to use the scientific approach to tennis and bring it in the easiest form to the tennis coaches around the world.

Understanding the movement patterns of the expert players can provide many data which we should use when developing tennis players.

These data showed that the more expert player is skilled in disguising his stroke intentions the more he places opponent to the disadvantageous position. Something worth to think about when talking about technical-tactical aspect of the tennis teaching

SPLIT STEP AIR PHASE

One of the greatest challenges of the dynamic tennis environment is a creation of a quick and accurate decision of the physical response (movement) corresponding to the technical-tactical intentions of the opponents’ striking actions. By prioritizing the needs of high-speed reactions, expert tennis players tend to decide of the movement direction and intensity while still being above the ground, at the air phase of the split step, as proposed by Uzu et al. (2009). From there the decision of the movement intensity and direction corresponds to receiver gathering information while increasing the much-needed muscle spindle sensitivity of the leg muscles before the ground contact, moving their center of mass away towards the edges of their support base.

テニスとテニスチャンピオンの予想

ストロークの実行は,プレーヤー,相手,ボールという相互に関連する3つの存在の運動量という観点から説明することができる。テニスプレーヤーの目標は、同期した協調的な体の動きを通じて、自分の運動量をインパクトゾーンに向けて、またそのゾーン全体に向けることです。相手によって作られた運動量を持つボールは、プレーヤー間の相互作用の対象となります。テニスが3者間の相互作用のスポーツであるという事実は、入ってくるボールに関連して相手がどのように動くかについての意識と注意を高めるはずである。レシーバー・プレーヤーは、ボールをインターセプトするために相手がどのように運動量を生み出し、適用するかを観察すべきであり、それは結果的にポイントの力学とレシーバー・プレーヤーの将来のインパクト・ゾーンに直接影響する

テニスの動きの中で最も早い段階での知覚

知覚反応の中で、視覚系は支配的な感覚システムであり、適切な運動反応を効果的に生み出すために関連する手掛かりを検出するのに重要です。そのため、パフォーマンスを成功させるためには、スポーツ選手、特にテニス選手は、できるだけ早い段階で関連する視覚的な手がかりを識別し、それに注意を払う必要があります。視覚探索戦略とは、プレーヤーが関連する情報を検出して抽出するために、ディスプレイの周りで目の動きをどのように使うかを示すものです。

テニスでの注意、外部から内部への注意の移行

外部フォーカスは、動的環境の変化を検出することに関連しています。外部フォーカスの問題点は、それが非常に広い範囲に及ぶ可能性があることです。広い関心は情報源を特定しますが、多くの情報を処理することは、意思決定プロセスの効率に悪影響を及ぼします。 環境からの関連情報のみを検出することに関連する視覚的な戦略を作成することで、最も効率的なストロークを作成し、相手にプレッシャーをかけるための十分な時間を確保することで、対応を速めることができます。

トレーニング中や試合中の認知的適応力を高めるための自己集中型メソッド

自己フォーカストレーニングとは、選手がある目標を達成するために必要な状況を完全に認識することを促すものです。選手は、課題を克服し、練習課題の目標を達成するために必要な自分の能力を理解している必要があります。選手は、知識だけではなく、解決や意思決定のプロセスにおける経験を振り返り、必要な時に知識を再構築するために、コーチから独立して意思決定を行う能力を備えている必要があります。

1 2 3