テニスにおけるPROACTIVE TRAINING PROGRAMとRPE

トレーニング強度(質)とは、トレーニング負荷に対応するためのアスリートの努力の効率性を意味します。したがって、トレーニング負荷に対するアスリートの反応のフィードバックが、練習の強度の最も現実的な値を生み出します。これらのフィードバックは、心拍数、VO2、乳酸値などの客観的な測定値や、RPE、POMS、RESTQSPORTアンケートなど、より主観的で安価かつ迅速な心理学的測定値を用いて得ることができます。トレーニングプログラムを管理する際に、生理学的評価と心理学的評価を組み合わせ、その結果を比較することは、積極的なトレーニングプログラムを実施・管理するための前提条件となります。

Self focused method to enhance the cognitive adaptations during the training and match situations

Self focused training approach is encouraging athletes to be completely aware of the demands of the situations to achieve a certain goal. They need to have an understand of their own capabilities which are on their disposal to overcome the task problem and achieve the goal of the practice task. Our athletes should be equipped with the abilities to make decisions independently of the coach having not just knowledge but to reflect on the experience in solving or decision making process in order to reconstruct the knowledge in situations when needed