SPLIT STEP AIR PHASE

One of the greatest challenges of the dynamic tennis environment is a creation of a quick and accurate decision of the physical response (movement) corresponding to the technical-tactical intentions of the opponents’ striking actions. By prioritizing the needs of high-speed reactions, expert tennis players tend to decide of the movement direction and intensity while still being above the ground, at the air phase of the split step, as proposed by Uzu et al. (2009). From there the decision of the movement intensity and direction corresponds to receiver gathering information while increasing the much-needed muscle spindle sensitivity of the leg muscles before the ground contact, moving their center of mass away towards the edges of their support base.

トレーニング中や試合中の認知的適応力を高めるための自己集中型メソッド

自己フォーカストレーニングとは、選手がある目標を達成するために必要な状況を完全に認識することを促すものです。選手は、課題を克服し、練習課題の目標を達成するために必要な自分の能力を理解している必要があります。選手は、知識だけではなく、解決や意思決定のプロセスにおける経験を振り返り、必要な時に知識を再構築するために、コーチから独立して意思決定を行う能力を備えている必要があります。

テニスの練習による知覚・認知の発達

コート上の状況に対する最も重要な適応は、適切なテニスの練習を通じて開発された、知覚的および認知的評価スキルに基づくプレーヤーの意識から生まれます。知覚・認知プロセスの重要性は、選手が相手の行動に対して事前に反応を起こし(予測)、それに対して最適な行動を起こす(意思決定)ことを可能にする点にあります。試合では、生理学的な要素も非常に重要ですが、先読みや意思決定などの知覚・認知能力が高いレベルのパフォーマンスを支えています。だからこそ、トレーニングの核となるのは、予測や意思決定、そしてオプション生成のプロセスを開発することではないでしょうか。

1 2