Counter attacking movement

Initiating preparation for the stroke that is considered defensive not only influences the stroke mechanics but decreases the levels of forces used in the stroke production. By changing the perception from defensive to counter attacking, the player can neutralize the attacking intentions of the opponent, placing him/her to the unfavorable position at the court

トレーニングにおけるオーバーリーチングと超回復について

オーバーリーチングは,心理的影響や生理的不適応の兆候の有無によらず,オーバーリーチングを通じたパフォーマンス向上のために組まれたトレーニングや,質や量を変えることでアスリートを現在のパフォーマンスレベルからさらに上げるトレーニングのキモである.しかし,適切な回復期間なしに高い強度を維持したトレーニングをし続けると,オーバーリーチングは容易にオーバートレーニングに変わりうる.アスリートに長期間高い負荷をかけ続けると,生理的または心理的能力や喜んで取り組む気持ちの低下につながり,結果として説明がつかないパフォーマンスの低下や,慢性的な疲労,トレーニングや競技におけるRPE(自覚的運動強度)の増加,睡眠障害,病気(おもに上部気道の感染症),栄養習慣の乱れが生じる.

Serve CONTACT POINT

Contact point is the peak of the acceleration phase. The energy created through the kinetic chain is finally transferred into the distal wrist joint directing the energy of the leg drive, trunk rotation, shoulder internal rotation, forearm pronation and finally the wrist flexion into one special point of time and space

1 2