Dan Rikitoku

ボールに力を与えるには、選手は正しいバランスを整え、地面を抑えてその反動の力を利用しボールに力を加えていかなければならない。

バランスを蓄えて打つためには身体の準備がしっかり必要だ。選手がボールを打つとき、最初にしっかり地面を押さえつけて力を蓄えてから打たないといけない。(Kinetic chain を利用してテニスをしないといけない)。この姿勢に入る前に選手はしっかりバランスを整えないと打つ事が出来ない。バランスを整えることとはステップ、スプリットステップ。

 スプリットステップを正しくするには 1。身体の姿勢 2。スプリットステップのタイミング 3。ボールに対しての構える方向 4。ボールの弾道の高さ

1。尾骶骨をしっかり後ろに出すと体は勝手に準備のポジションが取れる。足は肩幅に置いて腰は少し下ろす。肩は平行にして少し後ろにそる形をつくる。体重はしっかりつま先にのせる。これにより選手は地面にしっかり体重がのり、また身体が自然に前体重になってるため、ボールの反応が早い。

2。スプリットステップのタイミングは大事だ! スプリットステップのタイミングは相手のテイクバックをしてる際にしっかり取る。 これにより、ちょうどいいタイミングで相手の球をしっかり判断でき動ける。なおかつその時間の間しっかり地面に体重を押し付けてボールを自分のポジションで打てる。肩も回すタイミングなおかつフットステップをその間にしっかり合わせる事ができる。

3。選手はしっかり相手ボールの方向にスプリットステップを切らないといけない。スプリットステップをする時、高く飛ぶと地面からの力が伝わって早くリアックションが取れる。スプリットステップを効率的にするためには重心低くして膝をしっかりまげる、これにより早くボールに反応する事ができる。

4。スプリットステップは現代のテニスにおいて decisive step と言われ、ストロークを決めるショットである。 最近の選手はスプリットステップの大事さを教わってない。選手は普段相手が打ったボールに集中をし、ポジショニングを気にする事がない。

スプリットステップによって25−30%以上試合が強くなる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

Category

Blog posts, Body coordination, Stroke Production, 日本語