直線的で角度のある動きをするサーブ

PUBLISHED IN ENGLISH 2017/10/11

サーブモーションにおける直線的な運動量は、プレーヤーが完璧な上半身のターン(角度的な運動量)を生み出し、最も効率的なフォロースルーの動きを生み出すことができる高さに全身が達したときに達成されます。これを実現するためには、脚が腰、肩、そして腕と手首にエネルギーを伝達できるような強力なドライブを作り出す必要があります(キネティックチェーン)。

レッグドライブは、地面から押し出す力を作ることから始まります。ニュートンの法則でよく知られているように、まずジャンプしたければ、膝を曲げて地面から押し出す必要があります。IMG_0821

踵を上げた状態でつま先に体重を移動させることで、初めて地面を押し出すことができます。

自動的に膝が前に曲がって、体重が十分に地面にかかるようになります。ですから、「膝を曲げろ」と言われても、それは実際には、体重をつま先に渡すということなのです。

一般的には、前脚が安定脚、後ろ脚がパワー脚となっています。パワーレッグは直線的な動き(ジャンプ)に最も重要であり、フロント、スタビリティレッグは角度的な動き(上半身の回転)に最も重要である。

IMG_0823IMG_0829後ろの足が地面から押し出され、ジャンプしながら打球側をまっすぐにするのに十分なエネルギーを作り、後ろの腰が前の腰よりも上にあることは、サーブ時の上半身の回転の効率と体のバランスにとても重要です。後ろの腰が前の腰よりも上にあると、自動的に打席側が非打席側(肩も)よりも上になります。IMG_0824このようにして、腰と肩からの角度のある動き(回転)は、腰と肩が一直線になっているときの横向きの回転とは対照的に、前に向かって、バランスよく、コントロールしやすくなります。

IMG_0830

バランスのとれた前方の角運動量で、フォロースルーをコントロールして、右肩を体の前に仕上げ、腕を横に、後ろ足を後ろにします。

IMG_0826

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.