サーブアクセラレーション

PUBLISHED IN ENGLISH 2018/01/18

ラケットのスイング段階は、サービスの運動連鎖運動のうち、以前の効率的な負荷とコッキング段階の結果です。コッキング段階では、弾性エネルギーが動きの遅い主要筋群に蓄積され、加速段階では、このエネルギーが動きの速い筋群を通じてボールに向かって放出されます。

レッグドライブ 加速が地面から始まるように、レッグドライブは効率的な動きのための重要な要素です(レッグドライブについては、過去のブログで詳しく説明しています)。効率的なレッグドライブは、腰の上昇を可能にし、後ろの腰が前の腰よりも高い垂直方向の速度を達成することで、ショルダーオーバーショルダーローテーションを可能にします。IMG_2009

このレッグドライブによる直線的な運動量と、股関節や体幹の回転による角度的な運動量が組み合わさることで、最も効率的なサーブの動きが生まれます。

足と足首。プレーヤーは足の指で地面を押しながら、地面からエネルギーを生み出しています。

IMG_2004

前足、前脚、股関節は、加速の角度段階での効率的な体幹の回転に必要な体の安定性を提供しています。強力な垂直方向の速度を得るためのエネルギーは、主に遅い後ろ足の筋肉に蓄えられ、後ろ足と足首で支えられています。つまり、簡単に言えば、前側が安定性の面で、後ろ側がパワーの面です。

足首のエネルギー伝達はどのように行われるのですか?足首や足の最も強い動きは、より大きな筋肉量が貢献していることから、足底屈である。足底屈は体を前に、上に推進するために使われ、それこそが力強くも安定した加速に必要なのです。

ひざ。より強力な膝の伸展は、より速い加速段階を生み出します。膝の伸展を生み出すのは、体の中でも最も強い筋肉の一つである大腿四頭筋群です。

IMG_2010膝の屈曲・伸展が大きくなると、ラケットの速度が速くなり、打球時の肩への負担が少なくなることがわかっています。伸展のピークは、膝の屈曲度が50~70度の時に達成されます。

腰:レッグドライブからのエネルギーは、腰と強力な筋肉(臀部)に伝達されます。バックレッグドライブは、後ろの腰を上に動かし、インパクトゾーンに向けて角度をつけて前進させます。後ろの腰が横に傾いていたので、この腰が後ろのレッグドライブと一緒になって、エネルギーを体幹と肩を打つ背中に素早く伝達するのに貢献している。IMG_2015体幹がほぐれた状態で、後ろの腰と前の腰が接触点の直前で一致します(接触点のかなり手前でこれが起こると、運動連鎖のエネルギー伝達が非効率になります)。

体幹です。加速段階は、体幹の筋肉が最も使われる段階です。体幹の回転は、インパクト時のラケットスピードの約10~20%に寄与します。 IMG_2011

効果的なサーブのために角運動量を最大にするためには、体幹の動きを速くする必要がありますが、これは事実上のアンコイリングです。

IMG_2012体幹の角回転の効率は、腰と肩の回転の効率に直接依存します。この角度方向の運動量は、直線方向の運動量と組み合わせて作られるため、脚の駆動力を最大限に利用することができます。

肩です。 上腕は、ボールの衝突前に爆発的な内向きの回転をするため、肩の部分に大きな負担がかかります。レッグドライブの最も効果的な結果は、ラケットを下方向に押し付けることです。アスリートの背中から離れる方向です。コッキングの段階では肩が外旋しているので、レッグドライブによってラケットと腕が筋力ではなく重力によって下に引っ張られ、肩の外旋度がさらに増します。IMG_2014

この(健康的な)追加の外旋は、結果的にインパクトゾーンに向けて肩の内旋をより効率的かつ爆発的に行うことができる。同時にプレイヤーは、体幹の前方回転の前に、ラケットの先端からコンタクトポイントまでの距離を長くします。距離が長い=トルクが大きいということです。
腰の筋肉が体幹の回転を始めると、肩もその動きに追随し、外旋していた肩を加速期(ボールから離れてからボールと接触するまで)の間、内旋させています。
肩の回転で非常に重要なのは、肩と肩の間で行われるカートホイール回転です。

IMG_2013加速段階では、打球側の肩が前側(安定側)の肩の上に移動し、単に前に進むのではなく、上にも前にも回転するようになります。この動きは、コンタクトポイントでの効率的な手首の屈曲(ホイップモーション)の重要な要素となります。左肩は非常に安定しており、打席の肩をインパクトゾーンに向けて効率よく回転させることができます。

肘です。加速段階では、打球時に肘が伸びるため、上腕三頭筋の活動が活発になります。打撃肘関節は、テニスサーブの際に発生する力の約15%を占めます。IMG_2008左肘は体幹の前方回転を開始するため、加速段階で非常に重要な役割を担っています(フォアハンドストロークとよく似ています)。

前腕と手首。コッキングの段階では、ボールに回転を加えるため、前腕は上向きにする必要があります。しかし、上体起こしの重要性の主な理由はそれだけではありません。強力なプロネーションは、サポジネーションの結果です。前腕のスーピネーションは、効率的な手首の屈曲(ウィップアクション)と密接に関係しています。研究では、手首の屈曲の最大トルクは、スーピネーションの位置で最も高くなることが確認されています。IMG_2022ホイップの動作はサーブのパワーの約40%を占め、サーブの方向を完全にコントロールするので、前腕の伸展はサーブの非常に重要な側面を表しているという結論に達します。加速段階を通して、前腕はプロネーションに向かって回転し、肩は内側に向かって回転し、手首はインパクトゾーンに向かって、完全に伸展した状態から強力に屈曲した状態に移動します。

次のブログ フォロースルーとランディングフェーズ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.