フォロースルーとランディングフェーズ

PUBLISHED IN ENGLISH: 2018/02/18

接触段階の後は、筋肉、腱、靭帯を慢性的な怪我から守るように、ボールの方向性や動き全体の減速が重要になります。

IMG_2350

接触後、打撃腕とラケットはボールの方向に向かってさらに進みます。肩の内旋と前腕の回旋(接触前から始まっている)により、腕はボールが去っていく方向に向かってまっすぐになっている。

IMG_2348私はこれを「親指を下に向ける段階」と呼んでいます。腕をまっすぐ前に伸ばし、親指を下に向けた状態を想像してみてください。これは、肩から手の手首までの腕の位置であり、怪我(前肩の怪我、極端な手首の曲げ伸ばしなど)を防ぎつつ、ストロークの効率を確保し、完璧なフォロースルー減速を行うためのものです。

IMG_2351インパクトポイント(ネットを越えてサービスボックスに入る)の後、腕が体から離れて望んだ前方向と下方向に動いていることを確認することは、フォロースルーの段階で最も重要な技術的要素です。

フォロースルーの段階では、2つの体のパーツが重要になります。

  1. 非利き腕と
  2. 後ろ足の腰からつま先まで
  1. 加速期の非利き腕は、前下方に移動しています(その重要性は加速期ブログで説明しています)。

IMG_2347

肘を腰に引き下げることで、利き手ではない方の腰を確実にブロックします。これにより、非利き手側の完璧な安定性と、利き手側の効率的な回転が可能になります。

IMG_2360

肘を下腹部骨盤部のエリアに収めることは、打球腕のさらなるFORWARDフォロースルー動作の前提条件であり、打球腕が早期に下がることを防ぐことができます。

  1. 2. 肘は、腰から肩にかけての非支配的な体幹部分をブロックしていますが、前足のつま先と膝は、下半身部分のバランスと安定性を保つために重要です。

IMG_2354

この瞬間、脚は広がり、後ろの脚は後ろに下がり、打球部の前方へのフォロースルー動作を可能にします。同時に、前脚はつま先と膝の屈伸によって、この動作を安定させる必要があります。つま先は足底を曲げて下に押し下げ、膝は前に曲げることで、サーブの回転段階を安定させ、プレーヤーがコートに強く着地してボールにプレッシャーをかけることができるようになります。

テニスにおいて、着地がいかに重要であるかということを、プレイヤーはあまり意識していないのではないでしょうか。着地とは、後ろ足のトスから始まる体重バランスの動きの仕上げです。後足に体重をかけてスタートするので、前足への強い着地が重要になります。

強力な着地で
サーブのコントロールが格段に良くなる。フォロースルーの最終段階でのバランスと安定性が向上します。着地後の体幹の前傾化を可能にする。打撃側の肩をさらに完全に回転させることができます。

IMG_2363

細かいことですが、フルスピードでサーブを打つときには、完璧なコントロールを意識する必要があります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.