テニスのビジュアルサーチ。成功するパフォーマンスのための重要な機能

熟練者は初心者よりも反応が良く、早いことが示されています。スポーツの専門家は、初心者に比べて、それぞれの目の固定からより多くのタスクに関連する情報を抽出し、タスクに関連する重要な手がかりを処理するための時間をより多く確保する視覚戦略を実行します。

効率的な動きとパフォーマンスの原則

バランスとは、重心線(質量の中心から地面までの垂直線)を支持基盤の中に維持し、姿勢の揺れを最小限に抑える能力です。プレーヤーが動いている(または動き出している)間に、重心線と支持基盤がどのように連動するかによって、バランスを維持したり、負荷に対して効率的に減速したりする能力が決まります。バランスの欠如は、プレーヤーがストロークの戦術的目的を変更する原因となります。これは、ストロークの戦術的効果に大きな影響を与え、プレーヤーは、流動的な加速ではなく、ストロークの安定性を選択して、ニュートラルまたはディフェンスの状況になります。

ストロークのバイオメカニクス:位置エネルギーから運動エネルギーへの移行

テニスでは、プレーヤーはテニスラケットを使って体からボールにエネルギーを伝達し、ボールのスピードとスピンを生み出します。負荷されたエネルギーは、潜在的なエネルギー(蓄積されたエネルギー)であり、運動連鎖を介して、体節の移動エネルギー(運動のエネルギー)に、インパクトゾーン全体でタイムリーに、望む方向に伝達されます。

トレーニング中や試合中の認知的適応力を高めるための自己集中型メソッド

自己フォーカストレーニングとは、選手がある目標を達成するために必要な状況を完全に認識することを促すものです。選手は、課題を克服し、練習課題の目標を達成するために必要な自分の能力を理解している必要があります。選手は、知識だけではなく、解決や意思決定のプロセスにおける経験を振り返り、必要な時に知識を再構築するために、コーチから独立して意思決定を行う能力を備えている必要があります。

テニスの練習による知覚・認知の発達

コート上の状況に対する最も重要な適応は、適切なテニスの練習を通じて開発された、知覚的および認知的評価スキルに基づくプレーヤーの意識から生まれます。知覚・認知プロセスの重要性は、選手が相手の行動に対して事前に反応を起こし(予測)、それに対して最適な行動を起こす(意思決定)ことを可能にする点にあります。試合では、生理学的な要素も非常に重要ですが、先読みや意思決定などの知覚・認知能力が高いレベルのパフォーマンスを支えています。だからこそ、トレーニングの核となるのは、予測や意思決定、そしてオプション生成のプロセスを開発することではないでしょうか。

テニスにおけるPROACTIVE TRAINING PROGRAMとRPE

トレーニング強度(質)とは、トレーニング負荷に対応するためのアスリートの努力の効率性を意味します。したがって、トレーニング負荷に対するアスリートの反応のフィードバックが、練習の強度の最も現実的な値を生み出します。これらのフィードバックは、心拍数、VO2、乳酸値などの客観的な測定値や、RPE、POMS、RESTQSPORTアンケートなど、より主観的で安価かつ迅速な心理学的測定値を用いて得ることができます。トレーニングプログラムを管理する際に、生理学的評価と心理学的評価を組み合わせ、その結果を比較することは、積極的なトレーニングプログラムを実施・管理するための前提条件となります。

1 2 3 4 5 20