テニスの横方向の動き

プレイヤーが横向きになると、横方向に大きな運動量が生まれます。 その勢いをパワーの源として維持するためには、バランスやパワーとの兼ね合いで、ストロークの前にブレークを引かずに慣性(横方向)を維持し(減速はストローク中に行う)、直線的な勢いを前方の勢いに移す必要がある。

INTERNATIONAL CAMPS COOPERATION

私たちは、日本のジュニアたちに、世界のトップテニスプロやコーチから練習し、学ぶ機会を提供します。

私たちの目標は、日本のジュニアと大人のプレーヤーに新しい可能性を提供し、最高レベルのテニスサービスを体験していただくことです。

私たちの提案するテニスキャンプは、世界最高峰のコーチ陣とグランドスラムのタイトル獲得者が管理・運営するテニスキャンプです。

私たちは、日本のプレーヤーにヨーロッパのテニスアプローチ、プレーヤーが望む結果をもたらす方法論を提供したいと思います。

また、私たちの協力は、トレーニングの質とこれまでの実績という一つの基準に基づいています。

テニスのビジュアルサーチ。成功するパフォーマンスのための重要な機能

熟練者は初心者よりも反応が良く、早いことが示されています。スポーツの専門家は、初心者に比べて、それぞれの目の固定からより多くのタスクに関連する情報を抽出し、タスクに関連する重要な手がかりを処理するための時間をより多く確保する視覚戦略を実行します。

効率的な動きとパフォーマンスの原則

バランスとは、重心線(質量の中心から地面までの垂直線)を支持基盤の中に維持し、姿勢の揺れを最小限に抑える能力です。プレーヤーが動いている(または動き出している)間に、重心線と支持基盤がどのように連動するかによって、バランスを維持したり、負荷に対して効率的に減速したりする能力が決まります。バランスの欠如は、プレーヤーがストロークの戦術的目的を変更する原因となります。これは、ストロークの戦術的効果に大きな影響を与え、プレーヤーは、流動的な加速ではなく、ストロークの安定性を選択して、ニュートラルまたはディフェンスの状況になります。

ストロークのバイオメカニクス:位置エネルギーから運動エネルギーへの移行

テニスでは、プレーヤーはテニスラケットを使って体からボールにエネルギーを伝達し、ボールのスピードとスピンを生み出します。負荷されたエネルギーは、潜在的なエネルギー(蓄積されたエネルギー)であり、運動連鎖を介して、体節の移動エネルギー(運動のエネルギー)に、インパクトゾーン全体でタイムリーに、望む方向に伝達されます。

トレーニング中や試合中の認知的適応力を高めるための自己集中型メソッド

自己フォーカストレーニングとは、選手がある目標を達成するために必要な状況を完全に認識することを促すものです。選手は、課題を克服し、練習課題の目標を達成するために必要な自分の能力を理解している必要があります。選手は、知識だけではなく、解決や意思決定のプロセスにおける経験を振り返り、必要な時に知識を再構築するために、コーチから独立して意思決定を行う能力を備えている必要があります。

1 2 3 4 5 20