テニス特有の動きのトレーニング

PUBLISHED IN ENGLISH: 2020/10/18

テニスの動きは、神経系、筋肉系、技術・戦術系の要素が絶妙に絡み合っています。テニスの動きは、神経、筋肉、技術的・戦術的な要素が絶妙に絡み合ったものであり、試合の状況や、打者と受者の幾何学的な関係に応じて、非常に高い要求がなされます。タスクとしての動きとその結果は、プレイヤーが環境と相互作用し、手にしているタスク(知覚)と時空間の制約(活動電位)に応じて、自らの精神的・物理的な反応と体の動きを調整し、作り出し、調整することで、複数の要因に影響されます

Reactions

リアクション・ムーブメントは、相手のストロークの意図を考えて、レスポンス・ムーブメントを開始することから始まります。 反対方向から飛んでくるボールは、速度やスピン量が予測できず、プレーヤーをできるだけ動かしたいという意図があります。そのため、プレーヤーの動作トレーニングのコンセプトにおいて、知覚、認知、意思決定の重要な役割を理解することが重要です。反応時間を向上させるためのトレーニングは、動作技術やボディコンディショニングと並んで、テニスの動作トレーニングの要素となるべきです。  

Kinetic chain

テニスの力の出し方は、他の多くの地上スポーツと同様に、重力や慣性などの力と組み合わせて、地面からの反力を利用しています。プレーヤーは、将来のインパクトゾーン領域の予測に基づき、将来のコンタクトゾーンに到達することを意図して加速しています。インパクトゾーンに近づくにつれ、効率的に減速することで、プレーヤーは、ローディングフット(および地面)を踏み込み、足首と下肢を介して上半身に、そして最終的にはインパクトゾーンを介してターゲットの方向に地面の力を伝えることができるように、運動量を維持することができなければなりません。

TENNIS MOVEMENT PRACTICE

私たちの考えは、テニスのコンディショニング・トレーニングは、特定の試合の刺激に基づいて行われるべきであり、選手は試合の状況を認識し、特定の知覚的反応を通して動きを開始し、ストロークの戦術的・技術的要求について対応する決定を下すべきであるというものです。
動き自体はテニスに特化したものであり、スプリットステップから始まり、最初のステップとそれに対応する動きを開始します。

永続的-認知的反応 
加速 – 減速 
ローディングとアンローディングの順序と 
運動連鎖の原則に従った効率的な回復動作

テニスの動きのサイクルには5つのカテゴリーがあります(Giles et al.2018)

動作開始 
動作の移行(加速)
到着/セットアップ(減速、ローディング) 
接触(アンロード、フォロースルー) 
リカバリー(方向転換、将来の接触点に向けての移動)

動き出しは、相手がどのようなシュートを打つかを予測することから始まり、熟練した選手であれば、多くの場合、コンタクトポイントの前に動き出します。最も効率的な動きは、ゲームの早い段階でボールを置く可能性を察知することができる(そして訓練された)人たちです。

Initiation step

動きの反応は、ゲームの刺激に基づく反応からの指示を受ける準備として、下肢の筋肉を収縮させるニュートラルな動きの反応として、スプリットステップから開始する必要があります。動きの方向性を作り出す最も効率的な方法は、プレーヤーがまだ地面から離れていない状態で、入ってくる物体(ボール)に近い方の足を上に向ける(つま先を外側に向ける)ことです。着地の際には、方向と反対側の足を内側に向け、支持基盤を狭くして全身の動きを方向付け、ボールが入ってくる方向に加速する。 

Movement orientation 

横方向の動きは、テニスの試合中の動き全体の約70%を占めており、より攻撃的なストロークを生み出して優位に立つことを意図して開始されることもあれば、逆に攻撃を意図して使用されることもあります。したがって、テニスの動きの練習では、両方のタイプの動きの反応を作り出す必要があります。 

Upper and lower body differentiation / Synchronized body segment separation

ディファレンシエーションとは、下半身が動きの勢いを維持したまま、ボールが入ってくる方向に向かって肩と肘を回転させながら上半身を回転させることを指します。ディファレンシエーションは、スプリットステップからアンローディングフェーズへの最も重要な移行動作の一つであり、選手は移動中に、セットアップの瞬間に上半身の筋肉が十分かつタイムリーに伸ばされ(伸張-短縮反射)、ストロークを実行する準備ができていることを確認します。 

Deceleration/Set up / Body coordinates

減速は、ストロークの準備とストローク後の回復を開始するための重要な動作段階です。下半身は地面に大きな力を加え、横方向の運動量を前方に最も効率的に移動させるのに十分な減速を行います。一方、上半身の筋肉は上半身の回転を減速させ、COGを支持基盤の端、つまりインパクトゾーンに近いところに保つために役立ちます。

ゲームの要求に応じて動きの勢いが異なると、テニスプレーヤーの減速能力も変化する。運動の緊急性により選手の速度が上がると、セットアップとアンロードのために選手が減速するためにはより大きな力が必要になります。

Recovery / Continuity of movement 

テニス特有の動きの中で、リカバリーの動きは、地面からの力と上半身の筋肉の収縮による付加的な力が組み合わさった動きの勢いから生まれる力を、高強度でアンロードすることに従います。したがって、回復のために身体の各部分のバランスを保ちながら、インパクトゾーンを通して力を解放することは、テニスに特有の動きを示している。 

さらに、テニスのリカバリー・ステップは、プレーヤーが動きを止めたコート上のエリアと、プレーヤーがどのエリアにリカバリーしようとしているかの意図に応じて、典型的かつ非常に特殊なものとなります。距離と時間に応じて、プレーヤーは、素早く反応したい場合は横方向のクロスオーバー・ステップを、リカバリーに時間がある場合は横方向のシャッフルを選択することができる。

TENNIS SPECIFIC MOVEMENT TRAINING RECOMMENDATION: 

スプリットステップから始まり、イニシエーションステップ、加速、減速、そしてコンタクトゾーンでのエネルギー伝達後のリカバリーまで、動きの効率性を指導する。 

体の向きや動きの強さの決定などの神経筋の反応は、ゲームの状況と関連している必要がある。

GRFを使用して接地時のパワー出力を維持することで、地面からインパクトゾーンまでのエネルギーの総和を可能にし、より迅速な動作回復反応を実現する。

大半のトレーニングプログラムは、テニスの試合中に経験する特定の動きをトレーニングするように構成されており、試合のスタイルに応じたものであることが必須である。

トレーニングプログラムは、コート上での戦術的な動きに関連する特定の動きのパターンに従うべきである。方向性のある動きや急な方向転換には、意味のあるアクションやリアクションが必要です。  

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.