ITPの根幹であるアスリートのパーソナリティ

PUBLISHED IN ENGLISH: 2018/07/23

ITPとは、Individualized Training Programの略です。

アスリートのグループで活動する際には、ワン・フィッツ・オールのタイプを作るのではなく、アスリート個人の長所と短所に基づいてプログラムを作成する必要があります。

アスリートがトレーニング量にどのように反応するかは、年齢、性別、遺伝、身体的な才能や能力、ライフスタイルなどの違いによって異なる可能性があります。特定のトレーニング刺激に対する生理的反応はほぼ予測できますが、適応の正確なレベルは個人によって異なります。また、トレーニング適応の方向性はある程度予測できますが、その大きさは個人の遺伝的特性に厳密に依存します。

個別のモニタリングを行うことで、コーチはトレーニングプログラムに適切に反応している人とそうでない人を識別することができます。トレーニング負荷の測定、生理学的なシステム、主観的な健康状態、身体的なパフォーマンスの評価などを取り入れたモニタリングシステムは、高性能なスポーツプログラムにおいて非常に重要な要素です。モニタリングは、アスリートがトレーニング負荷に適応できない場合のトレーニングエラーを減らし、怪我の予防や非効率的なトレーニングプロセスを元に戻すのに役立ちます。さらには、選手の病気を予測・予防し、トレーニングの欠席時間を最小限に抑えることで、トレーニングプロセス全体をより効率的にすることができます。コーチがエラーの発生原因を理解するためには、選手ごとにトレーニング負荷に対する反応や耐性が異なるため、個別のモニタリング手法に対応する必要があります。

トレーニングプログラムは、負荷と反応の関係(投与量+アスリートの反応=パフォーマンス)に基づいて、毎日の多数の小さなセッションから構築されているという事実を考慮すると、毎日のベースに非常に献身的かつ真剣に取り組む必要性が高いという結論に至ります。

  1. アスリートの理解
  2. トレーニング負荷とアスリートの生理的・心理的状態とのバランスのとれた関係の重要性の理解
  3. トレーニング負荷とアスリートの反応(生理的・心理的)の健全な関係を保つこと
  4. アスリートの健康とパフォーマンス向上のために、これらの関係を効率的に管理すること

Personality

アスリートの性格は、パフォーマンスの効率性に大きな影響を与えます。性格によって、アスリートのトレーニングプロセス全体やその結果であるパフォーマンスに対するアプローチが異なります。
性格は、アスリートが成長し、思考、感情、行動全般を管理するための強力な基盤となります。そのため、競技者のモチベーションのレベルや種類、自信、認識、態度など、競技パフォーマンスに関わる多くの心理的要素を決定します。選手の性格を知ることは、トレーニングの過程や競技レベルにおいて、選手がどのように感じ、考え、なぜそのような行動をとるのかを理解するのに役立ちます。これは、アスリートが自信、自己認識、自己決定の最適なレベルに到達するのを助けることができるため、トレーニングプロセスを成功させるための一歩となります。
アスリートの個性を理解することで、コーチはアスリートが共感できるようなトレーニングプロセスを作り、アスリートの成功のイメージに合った目標を達成することができます。性格はアスリートの心理的プロフィールの中で非常に個人的な要素ではありますが、社会的背景や競技環境の影響から切り離して監視すべきではありません。

性格のタイプ
トレーニングを成功させ、パフォーマンスを向上させるために最も重要な性格特性は、自尊心、完璧主義、失敗の恐れ、コントロールの必要性です。

自尊心とは、アスリートが自分自身に対して抱くイメージであり、自分自身や自分の置かれている環境をどのように認識しているかということです。アスリートの行動や判断は、自分が置かれている環境にふさわしい自分でありたいと思う気持ちに大きく影響されます。しかし、ネガティブなイメージを持つアスリートは、コーチやスポーツ心理学者の助けを借りて、精神状態をポジティブに変えていく必要があります。Maslow(1968)は、自尊心の追求は、感情、気持ち、思考、行動を生み出す最も強力な原動力の一つであると考え、それを人間の基本的な欲求と定義しています。

自尊心の評価。気が散りやすいアスリートは、競技への参加や上達へのモチベーションが急激に低下します。自尊心のレベルを測定するために最も広く使用されている尺度の一つにRSES(Rosenberg General Self Esteem Scale, 1965)があります。この尺度は、一般の人々を対象として作成されていますが、スポーツ環境では、アスリートの総合的な自尊心のレベルを評価するためによく使われます。

完璧主義者のアスリートは、時に非現実的ともいえる高いパフォーマンス目標を設定します。手の届かない目標を持ち、その目標を達成できないと、アスリートは自分自身や自分の能力を低く評価する傾向があります。

完璧主義の原因が違えば、アスリートの行動やパフォーマンスにも影響が出てきます。社会的な完璧主義者は、本当に最高の状態になりたいという内的な願望ではなく、失敗を恐れ、恥ずかしい思いや羞恥心、罪悪感を避けたいという環境への恐怖心から現れます。一方、自己中心的な完璧主義者は、自分の成果を喜ぶことで、継続して仕事を改善していく励みにしているのかもしれません。
肯定的に聞こえるかもしれませんが、どのタイプの完璧主義者も、何とかして手の届かない目標を達成しようと、精神的にも肉体的にも努力し続けることで、精神的に疲弊してしまいます。完璧主義のアスリートに対応するための課題は、自己指向のパターンを受け入れて励まし、環境から来る完璧主義的な行動パターンを減らしてコントロールすることです。不健康な完璧主義のアスリートは、失敗したときに自己批判と自己卑下が激しくなり、適切に対処しないと、フラストレーションやうつ状態に陥ります。高い完璧主義の状態は、自尊心や失敗を恐れる気持ちと非常に密接な関係があります。

完璧主義者の評価 完璧主義を測定するために最も使用されている評価ツールは、MPS(Multidimensional Perfectionism Scale, Hewitt and Flatt 1991)で、自己志向、他者志向、社会的規定という3つの完璧主義の次元を測定します。MPSは、トレーニングや競技の段階での選手の行動の動機付けや認知的な要因に基づいて、選手のプロフィールを作成します。自己志向のスコアが高いアスリートは、非現実的な高い期待(自己決定)に向かって行動し、その過程で満足感を得ることができません。他者関連次元の得点が高いアスリートは、自分が決めた目標に向かって行動するのと同じように、プロセスに含まれる他者からも非現実的な高い期待を抱いています。社会的に規定された次元の得点が高い競技者は、環境に対して可能な限り完璧に見せようと努力しており、失敗するとしばしば拒絶感や評価の低下を感じます。

失敗への恐怖は、パフォーマンスの失敗やエラーがもたらす望まない結果という概念に基づいています。通常、その結果とは、環境やアスリート自身からの否定的な反応や批判のことです。失敗を管理する本質は、失敗に対する認識がどのようなものか、そしてその認識がアスリートと環境の間で異なっているかどうかを理解することにあります。将来の失敗がどのようなものになるのか、しっかりとしたガイドラインを作ることで、アスリートとそれを支える環境との間に、効率的なチームワークの雰囲気を作ることができます。失敗したと感じることは、将来、アスリートが失敗したと感じる可能性を高めます。ネガティブな感情が蓄積された結果、心理的なストレスが生じ、燃え尽き症候群や、アスリートがパフォーマンスを向上させるための変化を受け入れることを躊躇し、プロセスをやめてしまうことにつながります。

失敗への恐れの評価 失敗恐怖を測定するために主に使用されている機器は、多次元のPerformance Failure Appraisal Inventory (PFAI, Conroy et al., 2002)である。PFAIは25の項目で構成されており、失敗がもたらす5つの負の影響、すなわち、恥の経験、自尊心の低下、将来への不安、他の重要な人からの関心の喪失、他の重要な人の動揺を特定することができる。

コントロールの必要性は、アスリートが環境をよりコントロールできるようになることで、不安定さやリスクのレベルを下げることができると考えるからです。通常、コントロールを失ったという感情は、自尊心の低下や不安の増大につながり、これらの心理状態はアスリートを身体的に脆弱にし、最終的には痛みや怪我を引き起こします。アスリートが完全にコントロールされているという認識は、モチベーション、自信、覚醒レベル、集中力、感情、失敗からの回復率など、多くの心理的パラメータに影響を与えます。これらのパラメータは、課題を克服するための自信と信頼のレベルに大きく影響し、競技のプレッシャーを克服する方法を理解し、トレーニングと競技の全過程で起こりうる失敗に対して前向きで受け入れやすい方法で対応することができるため、トレーニングプロセスを成功させる原動力となります。

コントロールの必要性の評価 コントロールの必要性を測定し理解するために最も広く使用されている尺度は、BurgerとCooper(1979年)によって開発されたコントロールの望ましさ尺度(DCS)です。この尺度の高得点は、より肯定的な反応や結果につながりますが、低得点であれば、心身の健康、低いバーンアウト率、全般的な満足度につながることが研究で示されています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.