テニスの練習による知覚・認知の発達

コート上の状況に対する最も重要な適応は、適切なテニスの練習を通じて開発された、知覚的および認知的評価スキルに基づくプレーヤーの意識から生まれます。知覚・認知プロセスの重要性は、選手が相手の行動に対して事前に反応を起こし(予測)、それに対して最適な行動を起こす(意思決定)ことを可能にする点にあります。試合では、生理学的な要素も非常に重要ですが、先読みや意思決定などの知覚・認知能力が高いレベルのパフォーマンスを支えています。だからこそ、トレーニングの核となるのは、予測や意思決定、そしてオプション生成のプロセスを開発することではないでしょうか。

テニスにおけるPROACTIVE TRAINING PROGRAMとRPE

トレーニング強度(質)とは、トレーニング負荷に対応するためのアスリートの努力の効率性を意味します。したがって、トレーニング負荷に対するアスリートの反応のフィードバックが、練習の強度の最も現実的な値を生み出します。これらのフィードバックは、心拍数、VO2、乳酸値などの客観的な測定値や、RPE、POMS、RESTQSPORTアンケートなど、より主観的で安価かつ迅速な心理学的測定値を用いて得ることができます。トレーニングプログラムを管理する際に、生理学的評価と心理学的評価を組み合わせ、その結果を比較することは、積極的なトレーニングプログラムを実施・管理するための前提条件となります。

テニスにおける注意力と身体意識

オープンスポーツであるテニスにおける注意力の集中は、変化しやすい変数です。常に変化している数多くの手掛かりがあります。これらの手掛かりは、自分自身の、内的なもの(感情、思考、体の部位の位置)と、外的なもの(環境、相手、表面、天候など)として表すことができます。注意と認識の勢いは、ゲームのその特定の瞬間にのみ重要で関連する手掛かりに向けられるべきです。注意力の絶え間ない変化は、環境の速いペースでの変化に対応するために、プレーヤーに精神的にも肉体的にも勢いと状況を完全に把握することを要求する。

状況認識-テニスの練習と試合の現在と未来

テニスにおける先読みについて、また先読みをどのようにして身につけるかについて、多くの議論がなされています。予測能力に優れたプレーヤーは、普通のテニスプレーヤーに比べて大きなアドバンテージを持っています。彼らはゲームの合図を読むことができるので、ポイント中に相手の一歩前に出ることができます。反応が早く(考えることが少なく)、ポジションを取るのも早い(早く動いているわけではないが、そのように見える)ため、より効率的な技術と戦術の実行が可能になります。彼らは自分のゲームをコントロールしているのです。
予測は、状況認識の一部です。予測の意味の一つは、「期待」です。しかし、プレーヤーが何かを期待できるのは、その何かが起こる準備ができている場合だけです。過去に同じようなことが起きた経験があったり、訓練を受けていたりすると、プレーヤーは何かが起きることに備えることができます。このようにして、プレイヤーは以前に起こった同じ状況の手がかりや要素を認識することができるのです。

ITPの根幹であるアスリートのパーソナリティ

アスリートがトレーニング量にどのように反応するかは、年齢、性別、遺伝、身体的な才能や能力、ライフスタイルなどの違いによって異なる可能性があります。特定のトレーニング刺激に対する生理的反応はほぼ予測できますが、適応の正確なレベルは個人によって異なります。また、トレーニング適応の方向性はある程度予測できますが、その大きさは個人の遺伝的特性に厳密に依存します。

Serape (セラぺ) in tennis

キネティックチェーンの重要な部分としてのコア
ストロークを成功させるためのパワーの大部分は、股関節の筋肉が生み出します。つまり、プレーヤーが間違った力の源を使っていると、加速段階で安定性とバランスを失う可能性が高いのです。以前のブログで述べたように、パワーの源は、地面とその力から来ています。この力は、地面から股関節の筋肉や体幹に伝えられ、ここで回転力と直線力が一緒に働くことになります。直線的な力と回転的な力の伝達は、体幹とセラピの筋肉が “硬く “なければできません。

1 2 3 4 5 19