テニスにおけるPROACTIVE TRAINING PROGRAMとRPE

PUBLISHED IN ENGLISH: 2019/05/31

心理学的評価を用いたトレーニング負荷と強度の関係の管理/プロアクティブ・トレーニング・プログラム

Training Load = training volume x training intensity

トレーニング負荷は、セッション強度(トレーニングの質)とボリューム(トレーニングの量)の積として定量化できます。

トレーニング強度(質)とは、トレーニング負荷に対応するためのアスリートの努力の効率性を意味します。したがって、トレーニング負荷に対するアスリートの反応のフィードバックが、練習の強度の最も現実的な値を生み出します。これらのフィードバックは、心拍数、VO2、乳酸値などの客観的な測定値や、RPE、POMS、RESTQSPORTアンケートなど、より主観的で安価かつ迅速な心理学的測定値を用いて得ることができます。トレーニングプログラムを管理する際に、生理学的評価と心理学的評価を組み合わせ、その結果を比較することは、積極的なトレーニングプログラムを実施・管理するための前提条件となります。

SELF EVALUATION REPORT – RPE

プロアクティブプログラムの重要な点は、アスリートを個別に定期的に評価・モニタリングし、現在の状況を過去のデータと比較することで、アスリート自身の心理的・生理的特性やニーズに合った方法で今後のトレーニングセッションを管理することにあります。これらの特性は、トレーニングや回復の可能性、運動能力や強度のレベル、生活スタイルや環境のストレス要因、ストレス適応のレベル、耐性などの違いに基づいており、これらすべてがトレーニング負荷に対する個々の反応の度合いに影響を与えます。
評価は、適応のレベル、ストレスと疲労のレベル、回復期間、ゲームの戦術についての感想など、選手のフィードバックや感情に基づいて行われます。したがって、選手は自分の練習プログラムのモニタリングと管理に積極的に参加する必要があります。なぜなら、自己評価を行うことで、トレーニングプロセスの自己修正と適応の必要性についての自己認識のレベルが高まるからです。

RPE – rating of perceived exertion as assessment and as key training adaptations tool

RPEとは、練習中や試合後にアスリートが解釈する、主観的な労作評価のことです。RPEの利点は、アスリートがプラスとマイナスを自動的に認識するため、コーチングなしで実施できることです。自己分析は、選手に練習や試合の分析における独立性を与えます。その他の利点としては、主観的な分析であるため、非常に迅速かつ低コストで測定できることが挙げられます。デメリットは、選手の客観性や、トレーニングや試合後の気分の状態によって、効率が左右されることです。

セッションRPE法は、トレーニング負荷をモニターし、トレーニング不足やオーバートレーニングを回避するための貴重なツールとなります。選手のRPEに基づいて、コーチはトレーニングをどのように修正すべきかを理解し、トレーニング不足の場合にはより多くの負荷をかけ、過負荷の場合には選手が認識するストレスを下げることができます。
高いRPEが一貫して繰り返されると、選手が練習中に常に高いレベルのストレスを受けていることをコーチに警告する必要があります。これは、不十分な回復、慢性疲労、怪我、オーバートレーニングにつながります。
常に高強度の練習を行っているためにRPEが低下するということは、アスリートがより高いトレーニング負荷に適応していることを示しており、これはコーチとアスリートにとって非常に励みになります。
一方、通常レベルの強度の練習でRPEが低下した場合は、トレーニング強度を高くする必要があることを指摘できます。RPEが低いと、課題やモチベーション、努力が不足しているため、アスリートがいずれ練習への興味を失ってしまうことをコーチに警告する必要があります。

RPE測定は、毎日および毎週のトレーニングセッションに対するアスリートの認識について、非常に重要で貴重なフィードバックを提供します。一定期間、負荷、単調さ、緊張などの変数をモニタリングすることで、コーチはアスリートの無理なトレーニング、オーバートレーニング、ケガや病気のリスクの閾値を決定することができます。
トレーニングの単調さとは、1つのトレーニングマイクロサイクル(通常は7~10日)におけるトレーニング負荷の変動(変化)がどの程度であるかを示すものです。日々のトレーニング負荷にほとんど変化がない場合、単調さのレベルは高くなります(トレーニング負荷が一貫して低いか高いかのどちらかで、セッションの変化は非常に少ない)。
トレーニングの単調さに週単位の負荷の値を掛け合わせると、トレーニングストレインの値が得られます。つまり、トレーニングストレインの高さは、トレーニング負荷の高さと単調さ(トレーニングのバリエーションの少なさ)の産物であり、傷害の物理的・心理的な事前条件の値を示しています

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.